記事一覧

はじめにお読みください

『K部長の株式情報局』へようこそいらっしゃいました、このブログでは、インフィニティ・インベストメントが株式に関するマル秘情報や株式投資に関するセオリーなど、投資家のみなさんに有益な情報を随時お送りしてまいります。つい先日までは、弊社社長が大暴れしておりましたが(笑)、本日からは私K部長が中心に担当してまいります。「無限はどうした!」とお思いの方は、ブログリンクを探していただきますと、無限節をご堪能い...

続きを読む

人の行く 裏に道あり 花の山

昔の人は、本当にいいことを言いますね、まさに株式相場の本質を衝いています。株式売買の基本は、自分が買った株を、自分の買い値よりも高く他人に売りつけること。誰もが安心して買いたい、だからこそチャートを見て、会社四季報を読む、ネットで情報を探す。しかしそれらすべて、誰でもできること、誰でもできることで誰かと差をつけることはできません。では、「人の行く裏の道」とは、どのような道なのでしょうか?それを私は...

続きを読む

タバコより 体に悪い 含み損

表題に誤解があるといけませんので、あえて説明しておきます。持っていないといけない含み損、というのももちろん存在します。セオリーにしたがえば含み損になるべきもの、これは当然にありますので、すべても含み損についてダメだといっているわけではありません。問題にしたいのは、いまみなさんが抱えている含み損の性質です。その銘柄を売買する際に、含み損になることは承知の上でしたか?また、含み損になった場合にどう対処...

続きを読む

もうやめよう 急落してから 悩むのは

高値でそれほどの根拠もなく食いついて、そしてキッチリと下げられる。こんなことを繰り返していては、いくらお金があっても足りませんし、そもそも売買に対するプランがなさ過ぎると思いますよ。まずは、きちんとした方針を立てましょう。「△△△が○○○○円まで上昇するとみて売買しています!」って、それはプランではなくて願望です、願望はなかなか実現しないものです。たとえばいまの相場は、個別を見るべきなのか、それとも全体...

続きを読む

お土産は 無事故でいいの お父さん

世の子ども達が、本当にそんなことを思ってくれているかどうかはさておきましてw相場の世界でも、これは重要なことだと思うんですね。「勝つこと」と「負けないこと」は、似ているようでずいぶんその立ち位置が違います。かの有名な投資家、ウォーレン・バフェット氏の言葉に、以下のようなものがあります。「分散投資は、リスクヘッジではなく、無知に対するヘッジだ」バフェット氏の言葉ですからね、それは重みがありますね。こ...

続きを読む

目標の 株価は何処 秋の空 PART2

さて、昨日書きました『目標の 株価は何処 秋の空』の記事の中で「目標株価なんて吹聴するわけがない」と書いたわけですが、もうひとつの理由をここで書いておきたいと思います。(理由その②)「大口プロさんたちは、一般個人投資家さんが基本的に嫌い」ちなみにこれは私の個人的感想です、さらに、人間個人についての評価ではありません、あくまでも「個人投資家」という抽象的存在に対する評価として理解してくださいね。確か...

続きを読む

やれ打つな 蝿が手をする 足をする

かの小林一茶の名句ですね、非常にウィットに富んだ味わいがあります。ふと見るとハエがとまっている、よく見ると、手をこすったり足をこすったり。汚らしい、と思うかもしれないが、その様が、「どうか打たないでおくれ」と命乞いをしているかのようにも見えるではないか。ハエみたいなちっぽけな命であっても、その重さに思いを至らせてみよう、そこには穢れのない美しさまであるではないか。とまあ、そこまれやると解釈のし過ぎ...

続きを読む

いまのうち 銘柄相談 お気軽に

本日13:15時点でのツイッターでつぶやかれている銘柄ランキングです、1位 明豊エンタープライズ2位 KLab3位 ビーマップ4位 任天堂5位 ウォンテッドリー6位 昭和真空7位 エヌエフ回路設計8位 enish9位 ピクセラ10位 オルトプラス11位 アエリア12位 三社電機製作所13位 ドリコム14位 東芝15位 大泉製作所16位 モブキャスト17位 サイバーステップ18位 五洋インテックス19位 ニーズウェル20位 パレモ・ホールディングス21位 ...

続きを読む

どうせなら 話がわかる 人がいい

人間っていうのは、なかなか自分の間違いを認められないものです、私もそのひとり。ただ、自分にもそういうところがあるのだ、と常に省みるようにはしているつもりです。たとえばとある銘柄を、絶対に4桁まで上げる、と言っている人がいるとしましょう。こんな言葉を信用する方がどうかしていますね、まともにリテラシーの利く人であれば、この言葉を鵜呑みにすることはほぼほぼありえないと思います。ところが、もしその銘柄を自...

続きを読む