FC2ブログ
K部長の株式情報局
ここだけの株式情報・投資手法から四方山話まで
『間』が大切
間が抜けている

間が悪い

間に合わない

どれも、うまくいかない典型のような言葉

相場での負け組は、例外なくこれらにあたる

では『間』とはなにか?

それは『タイミング』だ、いつやるか、ということ

これをつかめないのが、『機会損失』だ

機会損失のひどさが理解できない人は

まったく間が抜けている、以下、振り出しに戻る

072-294-6877

スポンサーサイト



売買がうまい人の特徴
これはあくまで私見なので

当然これに当てはまらなくても

うまい人はいると思うのであしからず

① 大口投資家の立場でものを考えられる

もちろん自分が大口投資家になれるわけではない
自分は食われる立場だ、ということがわかれば
どのように動けばいいのかが見えてくる
ライオンに狙われているのに、サバンナのど真ん中で
ポツンと突っ立っている草食獣はいないだろう

② 理屈は大事だがこだわり過ぎない

「・・・・・・はずだ」という考えは相場では通用しない
常に、人の考えを越えて動くのが相場
基本的なセオリーはもちろん大事、しかしうまい人は
『時を捉えること』がうまい、タイミングを外さない
逆に下手な人は、余計なことを考えて、その間に
絶好のタイミングを逃す、そして後追いになる

③ 失敗を忘れない、しかし、後悔はしない

これはものすごく大切、うまい人は例外なくそう
人間だから、当然失敗することはある
すべての売買で利食いすることなど不可能だ
しかし、うまい人は、その失敗から学ぶことができる
そして、その後の売買に活かすことができる
そしてなにより大切なのは、その失敗を後悔しない
うまい人は、すぐに『次』を見据えることができる
これは非常に大切なことだ、単なるイケイケとは違うぞ
だからこそ、失敗を活かすことができるのだ
失敗のあとに、絶好のチャンスを見逃してしまう
そういうことは、往々にして起こることだから

④ 相場に対して『怖がり』である

これは、誤解を招く表現かもしれない
正確にいうなら、相場に対して謙虚だということ
相場の怖さを知っている、ということだ
相場を張るには、強い精神力が必要だが
何でもかんでもイケイケで、やっていけるはずがない
ほんの少しの変化や、兆候を見逃さない
そういう繊細さが必要なのだ、そのためには
『正しく恐れる』ことが必要になる、わかるかな?
意味なく怖気づくのは、単なるヘタレだ
でも、意味なく強気なのは、本当に下手糞が多い
『正しく恐れる』これがものすごく難しいのだ

⑤ 孤独に耐えられる精神力がある

ちょっと大げさな言い方だが、要は周りに流されず
安易に多数に流されない、ということだ
相場では概ね、多数派は負け組になるものだ
多数派が勝つ勝負なんて、少なくとも相場ではありえない
大多数が負けて、その損の総額を、少数の勝ち組が得る
そうはわかっていても、少数派でいることは簡単ではない
自分の中に染み付いた、負け犬根性が邪魔をする
いまの自分ではダメだ、そう思っていても、変えられない
だからこそ、強い心を持って相場に向かわないといけない
独りよがりはダメ、そして、周りに流されてはもっとダメ、だ

自分を省みるということは、絶対に必要なことだ
自分を甘やかすことは、もうやめにしよう
少なくとも、相場で勝ちたいのであれば、当たり前のことだ

072-294-6877

昨日・今日の高値で買いついた方
その持ち玉、どうするの?

ここから相場は頭打ちに??

明日は週末金曜日

いろいろな思惑が交錯するところ

いま、この相場全体を、どう見るのか

聞いてみたくないか?

↓無限の相場読みを知りたい方

072-294-6877

買うタイミングはいつ?
高くなってからしか買えない人がいる

こういう人は、だいたい高値掴みになるものだ

逆に、押し目、安いところしか買えない人がいる

セオリーどおりのように思うかもしれないが

このタイプの人は、大きな相場を取れないことが多い

銘柄にはそれぞれ特性がある

高いからこそ買えるものも、いっぱいある

当然、安いところをせっせと仕込むべきものも

ようは、その銘柄に合う売買が必要になる

そのためには、銘柄の特性を理解してないといけない

その時の地合、全体相場の流れも掴まないといけない

その判断を、何も知らない個人投資家が

正しく行うことはきわめて難しい

投資助言というのは、ただ銘柄を垂れ流すのではなく

その銘柄をいかに売買すべきかを知らせることだ

弊社の電話会員様は、毎日のように電話で質問される

1日に何度でも、10回でも20回でも、質問される

相場は常に動いている、疑問や質問があるのが当たり前

だから、細かい売買指示が可能になる

みなさんは、納得して、その銘柄を売買しているだろうか?

いま、あなたが持っているその銘柄

不安があるのなら、無限に一度聞いてみたらどうか?

相談はもちろん無料、不安を抱えての売買は失敗するぞ

072-294-6877

日経平均は23000円に迫る寄り付き
いくら口を開けて待っていても

2番底はやってこなかったな

この2ヶ月間、猛烈な機会損失だ

きっと、何もなかったことにするんだろう

反省も訂正もなく、自己弁護に明け暮れる

「あの時に動ける分けない、しょうがない」

「落ち着いてから動けばいいんだ」

・・・・・・

冗談じゃない、落ち着いてからじゃ、遅すぎる

そんなんだから、儲からないんだよ

落ち着いていないからこそ、儲け時なんだぞ

人の心が揺れる、それが儲けの種だ

いまからでも遅くない、まずは失敗を認めよう

072-294-6877

2000番台某株
過去の記事

このブログでもずっと書いている

儲けの種は、あちらこちらにあるのだ

自分の中の常識だけでは狭すぎる

自分の常識なんて、間違いばっかりだ

早く気付け、そして、素直になることだ

ほとんどの個人投資家は

つまらないプライドと勘違いのせいで

ずっと負け組から抜け出せない

わからないことは、強者に教えを請えばいい

あとは、相場強者は誰か、を判断するだけだ

072-294-6877

高くなって買いつくあなた
息してる?

いろいろ言われるとムカつくと思うが

ここは冷静になって考えてみよう

あなたが『ほしい!』と思ったその瞬間

だいたいダメなタイミングだと思わないか?

自分のことを理解できていなければ

間違いなくやられる、株はそういう世界

自分がヘタレだ、とわかっているだけで

たったそれだけで、有利になるものなんだよ

そして、それを自覚できたのであれば

とりあえず、↓まで電話してみようwww

072-294-6877

相場でいちばん辛いこと
2番底がくるぞ、急落がくるぞと

ずっと言い続けていた人たちは

いまいったいどんな気持ちでいるんだろうか?

相場でいちばんつらいのは

3月の暴落のようなシーンではないと思う

もちろんそれもつらいのは間違いない

でも、やるべきことはあるわけだ

どうやってこの難局を切り抜けるのか

どうやって生き残ればいいのか

それは苦しいけれども、やりがいがある

しかし、いま、2番底を待ち続けて

そのせいで何もできず、手をこまねいて

ただただ上がり続ける株価を眺めている

そう、機会損失がなによりつらいのだ

そしてさらにつらいのは

機会損失をするタイプの投資家は

次も同じことをやってしまうということ

さらに、焦って、いってはいけない場面で

いってしまうということだ

自分の失敗を冷静に受け止めること

なによりも大切なことだと思うぞ

072-294-6877


5月11日の記事
4000番台某株

はい、見事にこの日からだけでも

30パーセントを超える上昇率だ

これも、買ったものがちだな

問い合わせするだけで、短期間で結果

なかなかないと思うぞ、買った方は本当におめでとう!

072-294-6877