FC2ブログ
K部長の株式情報局
ここだけの株式情報・投資手法から四方山話まで
狙いの銘柄をどう売買するのか 続き
3,000円の銘柄を500株、2,500円まで買い下がるとするならどう売買するか
もちろん相場は生きているわけだから、『絶対的に正しい売買』などありません
3,000円を底値に、そのままぶち上がっていったら、3,000円で5枚買い、
がいちばん儲かるのかもしれません、でも、それは私の中では不正解です
さすがにそんな買い方をする人はいらっしゃらないでしょう

まず、3,000円で2枚買います、というか、2枚しか買えません
もともと買い下がるのが前提ですから、その株価水準が2,500円まで
じゃあ、この株価が2,500円になるまで手をこまねいて待っていられるか
というと、そんなわけがありません、2,900円、2,800円、2700円と下がってきたとき
どこで買いを入れるのか、という選択に迫られます、これが非常に難しい

ここで大口の人たちとの絶望的な差に打ちひしがれるわけです
大口の人たちは、2,900円でも2,700円でも順調に買い下がっていけます、
そして、2,500円に到達したとき、がっちりとそれなりの枚数を買えます
5枚しか変えない個人には、それができないわけです、たとえるなら、
定規の目盛りが粗いわけです、逆に大口さんたちのメモリはすごく細かい
だから、そこは自分で『決めておく』しかありません、5日線の位置や、
前安値の位置があるならそれを基準にして、たとえば2,700円で1枚買う
そしてさらに2,500円に到達すれば、さらに1枚買う

ここまでで計4枚じゃないか、と言われそうですね、はい、まだもう1枚買えます
3,000円の銘柄を2,500円まで買い下がる、ということはほぼ20パーセント下です
これは、私たちの場合、『下げられたら喜んでそこは買う』というタイプの銘柄です
突っ込みや地合に引きずられた下げには、落ちてくるナイフを掴みにいきます
ですから『オーバーシュートの下げがあったとき』のために、買い余力を残します
もちろんここでも、個人投資家の弱さが露呈します、オーバーシュートの下げは、
もっとも買いとしてはおいしい場面です、資金を潤沢に持っている人たちは
ニヤニヤしながら狂気の表情で投げを拾ってきます
残念ながら、個人投資家にはそこまでの余裕がないことが多いですが、
少なくともこういう買い方をしていれば、同じときに泣きながら投げている人とは違い
最高においしい場面で少ないけれど超特価の仕入れができることになります

じゃあ、最初に2枚買うんじゃなくて、1枚にしておいた方が後々いいじゃないか
とお感じになられる方もいらっしゃいましょうが、そういうわけにはいきません
買ったとたんに上げていかれた場合、1枚持ちだと利食いが非常に難しくなります
それに、その1枚を外してしまえば、もう手持ちの玉がなくなります
その銘柄が非常に長い相場になった場合、次に買いに入るタイミングが
非常に難しくなってしまいますからね、3,000円で買って、仮に3,500円で利食い、
その株をまた3,600円で買えますか? 単純にいうと、そういう話です

これが、3,000円の株を2枚しか買えない、とか、いや、私は1枚しか買えないんだ、
という方もいらっしゃるでしょう、それはそれで良いんです、それが現状なんですから
でも、そうであるならば、自分が本当に相場弱者であるということをとにかく強く意識して、
相場弱者であるというリスクを受け入れて、その上でどのように立ち回るべきなのか、
なにを参考にし、売買をどのように組み立てるのかを、真剣に考えるべきでしょう

もちろん、3,000円の株を500株、150万円買うことができる、という判断は、
現物余力が150万あれば良い、ということではありませんから
その銘柄の性質(安全性が強いのか、リスクが高いバクチ銘柄なのか)や、
ほかの手持ち銘柄の性質、その時点での現物買い余力、信用維持率、
当然のことながら市場の流れ(買い優勢でいいのか、それとも抑えるべきときなのか)
なども含めて考えられるべきもので、そこまで考えてこその『資金枠の管理』となります

これは相場を張るに際しての、基礎の基礎みたいなものです
だから、銘柄だけ追いかけているようでは、やられるのが当たり前なんですよ


お問い合わせ先
☎ 072-294-6877
info@infinity-investment.net
またはお問い合わせフォーム【こちらからどうぞ】 




air_rank (1)
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する