FC2ブログ
K部長の株式情報局
ここだけの株式情報・投資手法から四方山話まで
自分の間違いを認めるのは辛い
めぼしをつけた株を買って、それが大きく下落すると

経済的な損失が出るという痛みだけではなく

自分の判断が間違えていた、という痛みを受けることになる

これが、結果的に傷口を深くする原因になることが多い

特に、「自分に自信のある人」はその傾向が強くなる

ネットやなんかで、ろくでもないプータローみたいなヤツが

日々株で儲けているらしいことを目にしたときに

「自分にもできないわけがない」と思うのだろうか

誰もが目にすることができる「情報もどき」に踊らされ

自分だけが正しいと思い込んで突き進んでいく

その先に成功があると信じて・・・・・・


でも、そもそものスタート地点が間違っていることが多い

そういう場合は、根本から立て直さないかぎり

小手先で修復しようとしてもさらに事態を悪化させるだけ

でも、経済的損失と、プライドをずたずたにされるという

ダブルパンチが強烈過ぎて、なかなか正面から向き合えない

自分がヘタレで間違っていた、甘ちゃんだったと認められない


でも、そこを乗り越えないと、他人様の銭を分捕ることはできない

いま自分は食われている立場、それは間違いないのだから

情報の取り方、売買のタイミングや手法、市場情勢の判断など

すべてを根本的に見直すべきではないのか?

いつまでそんな場所で、うずくまっているつもりなんだ?


  
弊社のYouTubeチャンネルがひっそりとスタートだ


問い合わせ先
☎ 072-294-6877
info@mugen-toushikomon.com
または問い合わせフォーム【問い合わせフォーム】 




air_rank (1)
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する