FC2ブログ
K部長の株式情報局
ここだけの株式情報・投資手法から四方山話まで
上げれば安心 下げれば不安
どこを見てもおんなじ

上げている日は「米中貿易摩擦懸念後退」とか

「欧州株高を受けて買い意欲戻る」とかが見出しに

そして、下げているときは「貿易問題不透明を嫌う」

「イラン問題再燃原油高が株価の重石か」みたいに

とってつけたようなトピックスが賑わうわけだ

要するに紺なのは、ぜんぶ後出しだ、ということ

株価が下がるのをみてから、その原因になっていることを

無理やりくっつけている、と言えなくもない

いま、株価を下げている要因の米中貿易摩擦が、

明日になれば、株価を引き上げる要因になり得る

そういうことなのだ、この意味がわかるか?

本当に意味で株価の行き先を読む、ということは

一般に材料とされているようなところに根拠などないのだ


重要なのはたったひとつ、大きな資金の動き

大きな資金を抱える人たちが、何を考えているか、のみ

たとえとんでもない事件、事故が起こったとしても

それを大口が良しとすれば買いになる、そういうことなんだよ

しかも、大口は大口同士で戦っている、買い方もいれば売り方もいる

どちらの形勢が強いのか、そこの判断も必要だ

ファンドが入るから上がる、筋がいるから上がる、そんな与太話を

するほうもする方だし、騙される方もたいがいだと思うぞ


  
弊社のYouTubeチャンネルがひっそりとスタートだ


問い合わせ先
☎ 072-294-6877
info@mugen-toushikomon.com
または問い合わせフォーム【問い合わせフォーム】 




air_rank (1)
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する