FC2ブログ
K部長の株式情報局
ここだけの株式情報・投資手法から四方山話まで
なぜ機会損失か罪深いのか
無限はよく、『実損は一瞬、機会損失は最悪』という

機会損失を最も嫌うのであるが、その理由がわからない人が多い

なぜ機会損失がよくないのか、シンプルに解き明かしてみたい


実損を出す、というのは、行為の結果そのものなのだ

ある銘柄を買う、失敗することもある、だからロスカットする

その結果として実損が出る、当然をれは負けになるわけだ

しかし、売買はそこで完結する、負けという事実はその時点だけのこと

次の勝負にスタート地点から向かうことができるわけだ


ところが、機会損失が起こる状況はまったく違う

ある銘柄を買う、失敗するのだが、その失敗を完結させられない

そうなると、次の銘柄に向かうことが難しくなる

売買に制約がいろいろとはいってくることになるわけだ

そう、『機会損失』は『状況』なのだ、しかも『現在進行形』の

逆の言い方が正確だろうか、現在進行形で継続している

望ましくない状況がなければ、そもそも機会損失はしないものなのだ


機会損失を回避するには、手持ち株をはずすタイミングが重要だ

なかなか動かない株、少し含み損のある株、かなり引かされた株

それぞれどう向き合うのが良いのか、しっかり意識すべきだ

さらに言えば、何に乗り換えるのが良いのか、その対象がなければ

そもそも機会損失、などという概念が存在しないことになる


ここからロングランで、狙うべき対象がある

含み損で苦しんでいる方は

ぜひこの機会に乗り換えの検討を



  
弊社のYouTubeチャンネルがひっそりとスタートだ


問い合わせ先
☎ 072-294-6877
info@mugen-toushikomon.com
または問い合わせフォーム【問い合わせフォーム】 




air_rank (1)
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する