FC2ブログ
K部長の株式情報局
ここだけの株式情報・投資手法から四方山話まで
攻めるべきとき 引くべきとき
相場というのは本当に難しい

本当に攻めないといけないときは、怖く手前に出にくく

一旦引くべきときは、その前の余韻が忘れられずに

ダラダラと手負いの傷を深くしてしまいがちだ

最近ことに思うのだが、普通の感覚を持つ善良な人々は

相場の魑魅魍魎とした世界で正解にたどり着けないだろう


日々、無限の相場観に接していると、まるで自分が

相場を理解しているかのような錯覚に陥ることがある

常に現在の相場について、そしてこの先の相場について

『個人投資家さんは・・・・・・感じているだろうが、・・・・・・のはずだ』

と指示を受けている間に、わかった気になってくるのだ

しかし、その幻想は、いつもたびたび木っ端微塵にされる

日々のほんの少しの空気の違い、修正、初志貫徹のもの

それぞれの指示が、もう少し先にある当面のゴールへ向けて

それぞれ違うルートの歩みで近づいていく感覚

非常に言葉にしにくいのだが、まるでチャートが生き物のように

意思を持って動いているかのような感じだ

こういうのを目の当たりにすると、とても自分には理解できないと

こんなシナリオを自分の経験では予測することなどできないと

思い知らされることになるわけだ、その敗北感たるや凄い


ただな、だからこそ、無限の指示の価値を思い知らされるわけだ

われわれ素人連中が、「ほーなるほど」などと感じられるような

薄っぺらい相場観など、への役にも立たないということ

真実はいつも、私たちの想像を超えたところにある

推理小説に出てきそうなこの文言は、相場のためにあると言っていい


繰り返しになるが言っておく

○○○○を中心にすえて売買せよ

そして、○○は『○○』そして『○○』だ

今年1年やられてきたのであれば

この12月で取り返せ、そのためにも

無限の指示を聞いてみろ!



  
弊社のYouTubeチャンネルがひっそりとスタートだ


問い合わせ先
☎ 072-294-6877
info@mugen-toushikomon.com
または問い合わせフォーム【問い合わせフォーム】 




air_rank (1)
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する