FC2ブログ
K部長の株式情報局
ここだけの株式情報・投資手法から四方山話まで
必ず自己の判断の検証を
ここでも何度も触れてきたが

4月21日、22日、日経平均の急落と

それにともなう個別銘柄のそれ以上の崩れ

あのとき多くの人が

「また日経平均は16000円台へ2番底を見に行く」

「個別の戻りはこれでいっぱい、損切り見切りが大事」

といっていた、怖くて投げた人も多いだろう

その後どうなったのか、チャートを見てほしい

4月21日、22日の足など、もうすでに誤差のレベルだ

今日時点のチャートを見れば、きれいな上昇トレンド

ということはだ、あのときに「これはダメだ」と

そう判断したあなたが、間違っていたということだ

自分が間違っていたということ

しかも、あの大切な場面で間違っていたということ

そのことを認めない限り、あなたはまた失敗する

無限ははっきり言っていた

『まだ戻りの過程です 個別も下がれば買いです』

いいか、情報というのは、最も劇的な場面でこそ

その真価を発揮する、そういうものなんだよ

一度ぐらい、ホンモノの情報に触れてみたらどうだ?

072-294-6877

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する