FC2ブログ
K部長の株式情報局
ここだけの株式情報・投資手法から四方山話まで
なぜその銘柄を持つのか
相場を張るとなると、必ずリスクがつくまとう

全体相場の急落リスク、企業の悪材料リスク

株式売買をするなら、これらは避けられない

もちろんそれなりの読み、準備をしたうえで

相場に向かうことになる

しかしなにより、ごく単純化して言うならば

『その銘柄に大枚をつぎ込む(その銘柄を買う)』

ことが、まさにリスクそのものだということ

それを意識していない人が多い

30万のブランド財布を買うとなれば

それなりに緊張するはずだ(私にはとても買えないw)

しかし、30万の株は、結構簡単に買える

理由は簡単だ、おそらく近い将来

少なくとも30万とそう違わない現金に交換できる

そう思っているから、無意識にそう感じているから

いい加減な感じでポンと買えてしまう

何なら大もうけできるかも、と考えると

高揚感の中でその銘柄を変えてしまうのだ

しかし、冷静になって考えてみてほしい

そんな適当な意識で売買に向かっている人が

儲けられるわけないと、常識的に思わないか?

どの世界でも、プロはリスクを図る能力が高い

株式売買でも同じだ、銘柄の選定に始まって

売買の手法、利食いのタイミング、敗戦処理

すべて厳しく、謙虚に、素早くやっていくわけだ

そういうプロが、株式市場にはゴロゴロいる

望むと望むまいと、あなたはそんなプロを相手に

その上前を掠め取らなければならないわけだ

いまのあなたに、それができると、あなたは思うか?

いま持っているその銘柄、その選択は正解か?

その売買のタイミングは正しかったのか?

そして、それらの判断は、どうやってやるんだ?

実際、そんなことを考えてすらいない投資家が大多数だ

まずは気付き、そして、自分を変えてみることだ

勝負が完全についてからでは、間に合わなくなるぞ

072-294-6877
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する