記事一覧

相場の方向性が

いちばん大切ですけどね、もちろん個別銘柄も出しているんですよいろいろ検索してみたら、あんまりどこでも話題になってない・・・・・・ということは、素晴らしいことですよね、高くなってから買いにきてくれたら良いやw現在、キャンペーンにつき下記会員を募集中です。これ、ものすごい大盤振る舞いです、弊社的に言うと^^① 新春特別銘柄会員(特別価格30,000円+税で狙いの数銘柄をお教えします)② 完全成功報酬会員(月会費なし、...

続きを読む

日経平均はマイ転

さあ、みなさんはどうしますか?なってから考えるんじゃ遅いって、あれほど言ってるじゃないですか!さあ、ここでどうするのか、すでに決めてるはずですからその通りに決まってない方は、まずはとにかくお問い合わせを右往左往はもう辞めましょう、まずはきちんと方針を持たないと、いつまでこのことを言い続けないといけないんだか・・・・・・お問い合わせ先は、info@infinity-investment.netまたは ☎ 072-294-6877までお気軽にどうぞ...

続きを読む

ストップ高あり

台替わりあり、年初来高値あり、こんな時期に個別株の動きを云々しようとは思いませんが、事実は事実としてお伝えしないと。先週のある段階で、会員様には銘柄一式w をお伝え済みです。もちろん指示はキッチリ「双方向」に、これが何よりも重要です。これがあるかないかで、相場に対する理解度がはっきりわかります。これを読んで、何かを感じる方は、とにかくお問い合わせください。喉元過ぎれば、、、でまた根拠なく買いまくっ...

続きを読む

ボタンの掛け違え

絶対にやっちゃダメ、これやると、最後までチグハグになります。ここからは、ストレスのたまる相場になりますよ、早く立て直さないと。それもこれも、タイミングなんですよ、タイミングと方向性。何度でも言いますけどね、相場でいちばんダメなのは意地になること。相場についていくんじゃなくて、相場を自分についてこさせようとする、いちばんやられてしまうパターンですよ、そんなことでうまくいくわけがない。いいですか、みな...

続きを読む

相場は相場の動きたいように動く

『アキレスと亀のパラドックス』ってご存知ですか?古代ギリシアの哲学者、ゼノンが提起したパラドックスです。難しいお話ではないんで、気軽にお聞きください。『ギリシア神話に登場する英雄アキレス、足が早いことで有名です。このアキレスの前に、足がのろいことで有名な亀がいます。いま、アキレスが亀を追いかけて走ります、亀はアキレスから逃げるように県名に歩きます、どう考えても、アキレスが亀に追いつくのは時間の問題...

続きを読む

大ヒント^^

会員様方には、「○○でもいいから、そして、予定通りにね」とお伝え済みです、キッチリと両面から指示をお出ししています。「○○」がわかる方がいらっしゃったら、ぜひメールでお送りください。これがおわかりになったら、おそらくバリバリの腕自慢かと思います。でも、まずいらっしゃらないでしょうね、いろんな意味で感覚がぶっ飛んでますwwwお問い合わせ先は、info@infinity-investment.netまたは ☎ 072-294-6877までお気軽にど...

続きを読む

上げて強気 下げて弱気

大方の方は、表題のような感じだと思います。今日は本質めいたことを、少し真剣に書きますね。多くの方は、ご自身のポートフォリオをいまこの一瞬でしか判断しません。いまプラスかどうか、この一点だけにこだわってしまうわけです。私たちは銘柄に惚れるということをしません、その理由は簡単です。銘柄に惚れてしまうと、必ずどこかで嵌められるからです、いまこの時点でどうか、ではなくて、近い将来必ずやられます。「優良株た...

続きを読む

イケイケなのか

日経平均株価は、22,000円を越えて高値推移、おそらくみなさんの含み損も回復傾向のはずですね、さあ、問題はここから。どの方向に、軸足を向けますか?ここから上値を買うのか、押し目を買うのか、利食いをするのか、ロスカットするのか、空売りをするのか、いろんな方向が考えられますこれを間違えると、目もあてられないことに・・・・・・脅しじゃありませんよ、少しすればわかるでしょう現在、キャンペーンにつき下記会員を募...

続きを読む

その銘柄いつ買うの? いつ売るの?

株式売買に関して言えば、個人投資家のみなさんは銘柄にこだわりがちです。もちろん、それが間違いだとは言いません、方向性を間違えた素っ頓狂な銘柄を売買しているようでは、置いてけぼりを食うこと間違いナシですから。ただ、A銘柄・B銘柄・C銘柄のどれが当たりなのか、を考え悩むよりも、「これらの銘柄をどのタイミングで売買するべきなのか」をもっと真剣に考えた方が良いと思うんですよね、あまりにもそのことについて無頓...

続きを読む